外語語学習でワークショップ形式が最適な理由!

  

外国語習得法研究で「教えられたことは身に付かない」と指摘されています。自分でチャレンジして「間違いを自分で理解して直す」という姿勢が語学習得には欠かせません。

 

聞く・話すコミュニケーションの技術を身に付けるには、聞く・話すで実際に行って使ってみなければ身に付きません。

 

ただやみくもに話せば良いと言うものでもありません。どう言うべきかを語彙やその用法の知識を駆使してまず事前にリハーサル練習をする必要があります。(Step1)

 

それから本番で話してみて、そして講師の指導を受けます。(Step2)

 

                            この二つのStepを学習の方法の柱にしています!

結果にコミットメントする学習会を企画してみました!

  •  聞いて、話して、実際に中国語を使って、会話の経験を沢山行ってみましょう。
  •  仕事で中国語を使うなら、実際に現場で使う言葉を集中的に使って身に付けましょう。

 

中国語短期取得のポイントは 使う言葉を絞る!何度も使って身に付ける!それから言葉を少しづつ広げていく! です。

 

★ 言葉の絞り方とはよく会話で頻繁に使う言葉を使いまわすことを指します。この学習会では言葉の絞り方と使いまわしかたを徹底して行います。

 

 


というわけで、説明し教えるのではなく、中国語を使えるようになる学習を導きます!

話すためにアウトプットでもがきながら、中国語を話すコツを身に付けましょう。

脳のメカニズムにあった科学的アプローチで学習効率を高めましょう。

テキスト言葉ではなく、現地で或いは現場で使う言葉を徹底的にトレーニングしましょう。

本気で中国語を身につけるためのトレーニングを皆で行います。

 

もともと「話す!中国語レッスン会」という中国語サークル学習会が行われ、そこに講師とメソッドの支援を行っています。

その中からもっと本格的に学びたいという会員からの要望が強かったので、新しいメソッドの紹介をかねて企画をしてみました。

  • 回数(10回ないし12回)に区切って少人数6人までのクラスで、本格的な会話トレーニングを行います。楽しく和気藹々と沢山言い間違いながら互いに笑いあってまなびましょう。料金は【問い合わせ】のページで! 

                                     


                                                      記:サークル代表 城戸 義幸


ニューヨークのチャイナタウンです!
ニューヨークのチャイナタウン